sfaを取り入れるだけで赤字を回避できる

男の人

会社を成長させるために

社内

会社で社員の能力が上手く引きだせていないと感じるのなら、組織診断を受けて、まとまりとしての能力評価をしてもらいましょう。なお、組織診断は会社の現状を見るものなので、定期的におこなえばさらに効果を発揮します。

Read More..

業務ルートの電子化

オフィス

申請書や稟議書・経費精算といった業務プロセスを電子化することにより、業務効率が大きく改善されます。こうしたワークフローシステムにも導入コストの安いクラウド型が増えており、複数拠点を持つ企業に人気です。決裁ルートの明確化により内部統制の強化にも役立つワークフローシステムの導入例が増えているのです。

Read More..

営業活動の合理化

システム

ITを活用した営業

企業の営業部門というと、一昔前までは担当者個人の能力に委ねられている部分が非常に大きく、業績のよくない営業マンには人事考課でマイナス評価をつけたり、退職勧奨をしたりといった方法でプレッシャーをかけることで業績を上げさせようとしてきた面があります。また「営業活動は経験、勘、度胸がものをいう」といった精神論がまかり通っている会社も少なくありません。このような会社は優れた営業マンがいるうちは良いのですが、退職などにより営業マンの人材不足となった場合、途端に会社の業績が悪化してしまうことにもなりかねません。そういった背景から、最近では営業活動を「仕組み作り」と捉え、sfaなどITのシステムを活用し、合理的に営業活動を進めていこうという企業が増えてきました

導入のポイント

sfaとは「セールス・フォース・オートメーション」の略語で、情報管理システムや専用のソフトウェアの導入により会社として営業活動を支援していくシステムをいいます。sfaのシステムは名刺などの顧客情報の管理から始まり、見積書作成、顧客への営業活動の履歴管理、営業日報の管理などいろいろな機能を備えております。sfaを導入する上でのポイントは、自社の営業戦略を見直し、自社に合った形でシンプルに運用していくということです。sfaはあくまでも営業活動のツールである為、その前段階の戦略が非常に大事になります。戦略がきちんと練られていれば、作業の合理化、情報の共有化といった点においてsfaのメリットを十分に発揮することができます。

でんさいを導入しよう

ウーマン

現金が無くても商品を買い付ける事ができる手形割引は商売で重宝します。また売りても買ってくれる会社を拡大できるので売上アップになるのです。近年はでん差異を利用した取引が盛んで紛失のリスクがなく事務処理も楽になりました。

Read More..